コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秘密政治 ひみつせいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秘密政治
ひみつせいじ

国民の監視の行届かないところで行われる政治様式。近世以前の政治社会においては,政治に参加できる階層や階級が限られていたため,政治そのものが一般的に秘密のベールにおおわれていた。その後,近代国家が形成されると,政治は国民代表によって構成される公開の議会によって決定されるという近代民主政治の原理が確立された。だがしばしばこの原理がたてまえにとどまり,実質的には秘密政治が行われることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秘密政治の関連情報