コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秘密政治 ひみつせいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秘密政治
ひみつせいじ

国民の監視の行届かないところで行われる政治様式。近世以前の政治社会においては,政治に参加できる階層階級が限られていたため,政治そのものが一般的に秘密のベールにおおわれていた。その後,近代国家が形成されると,政治は国民代表によって構成される公開の議会によって決定されるという近代民主政治原理が確立された。だがしばしばこの原理がたてまえにとどまり,実質的には秘密政治が行われることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

秘密政治の関連キーワードシェフチェンコ(Taras Grigor'evich Shevchenko)アブド・アルハーディーアブド・アルハーディー人民の意志(党)韓国中央情報部ケレンスキー中華革命党李 健煕大阪会議待合政治モサド興中会代議制公開性GPUベリヤ藍衣社第三部パホン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秘密政治の関連情報