コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税義務説 そぜいぎむせつ

1件 の用語解説(租税義務説の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

租税義務説【そぜいぎむせつ】

国家の課税権の根拠に関する学説の一つ。国家と国民の関係を,国家有機体説的立場から,交換経済組織と異なる強制共同経済組織とみ,国家活動のために要する財の国民による提供(租税)は,それ自体では無報酬の義務(犠牲)であると説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

租税義務説の関連キーワード外交特権課税所得国家学国家有機体説生存権天皇機関説国家機関租税条約国家主権説財政民主主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone