コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税義務説(読み)そぜいぎむせつ

百科事典マイペディアの解説

租税義務説【そぜいぎむせつ】

国家の課権の根拠に関する学説の一つ。国家と国民の関係を,国家有機体説的立場から,交換経済組織と異なる強制共同経済組織とみ,国家活動のために要する財の国民による提供(租税)は,それ自体では無報酬の義務(犠牲)であると説く。J.S.ミルに端を発し,A.H.G.ワグナー大成。ほぼ今日の通説となっている。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android