コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秥蟬県碑 ねんていけんぴChŏmchehyŏn‐bi

世界大百科事典 第2版の解説

ねんていけんぴ【秥蟬県碑 Chŏmchehyŏn‐bi】

朝鮮民主主義人民共和国,平壌の西約40km,平安南道温泉郡の旧海雲面にある花コウ岩製の石碑。秥蟬神祠碑とも呼ばれる。1913年に発見された。現在,高さ1.44m,幅1.19m,厚さ約13cmを測るが,上部を欠失する。前面に罫線を引き,隷書体で7行80字を刻んでいる。風化が進んで判読できない文字もあるが,後漢章帝の時期にあたる,元和2年(85)4月戊午に,楽浪郡に属する秥蟬県の長が,県の官吏と協議し神祠を建てて,碑石に辞を刻したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

秥蟬県碑の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android