秩父湖(読み)ちちぶこ

日本大百科全書(ニッポニカ)「秩父湖」の解説

秩父湖
ちちぶこ

埼玉県西部、秩父市大滝(おおたき)地区にある人造湖。1962年(昭和37)、荒川本流と支流の大洞(おおぼら)川の合流点につくられたダムによってできた。面積0.76平方キロメートル、総貯水量2690万立方メートル。この人造湖の完成によって、秩父多摩甲斐国立公園(ちちぶたまかいこくりつこうえん)に新しい観光地が生じ、湖畔には民宿があり、釣りが楽しめる。秩父鉄道三峰(みつみね)口からバスで1時間である。

[中山正民]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の秩父湖の言及

【三峰山】より

…秩父多摩国立公園に含まれ,みやげ物店が並ぶ山麓の大輪からロープウェーが神社まで通じる。付近にある荒川の二瀬ダムのダム湖(秩父湖)は三峰観光の基点で,湖畔から三峰観光道路(全長6110m)が通じている。また,地蔵峠を経て雲取小屋に至る縦走路は秩父登山の人気のあるコースである。…

※「秩父湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android