コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父多摩甲斐国立公園 ちちぶたまかいこくりつこうえん

6件 の用語解説(秩父多摩甲斐国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秩父多摩甲斐国立公園
ちちぶたまかいこくりつこうえん

秩父山地の中央部を占める自然公園。面積 1262.59km2。1950年秩父多摩国立公園として指定。2000年現名称に変更。東京都埼玉県山梨県長野県の 1都 3県にまたがり,奥秩父を中心に奥多摩,大菩薩連峰のほか,荒川多摩川笛吹川千曲川の上流域を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちちぶたまかい‐こくりつこうえん〔ちちぶたまかひコクリツコウヱン〕【秩父多摩甲斐国立公園】

東京・埼玉・山梨・長野の1都3県にまたがる国立公園。森林と渓谷の景勝に富み、奥多摩湖日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)秩父湖昇仙峡などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

秩父多摩甲斐国立公園【ちちぶたまかいこくりつこうえん】

埼玉・東京・山梨・長野4都県にまたがる国立公園。面積1216km2。1950年指定。秩父山地を中心とする山岳自然公園で,森林,峡谷に富み,雲取山甲武信ヶ岳(こぶしがたけ),金峰山(きんぷさん),瑞牆山(みずがきやま)など2000m以上の山々が連なり,十文字峠,将監(しょうげん)峠,雁坂峠,信州峠などがあり,登山,ハイキング地をなす。
→関連項目あきる野[市]塩山[市]青梅[市]奥多摩[町]奥多摩湖甲府[市]埼玉[県]須玉[町]大菩薩峠東京[都]日の出[町]増富[温泉]御岳山梨[県]両神山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちちぶたまかいこくりつこうえん【秩父多摩甲斐国立公園】

東京・埼玉・山梨・長野の一都三県にまたがり、秩父山地と多摩川上流域(奥多摩)などを占める山岳公園。森林と渓谷の美しさを特徴とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都(埼玉県・山梨県・長野県)〕秩父多摩甲斐国立公園(ちちぶたまかいこくりつこうえん)


東京・埼玉・山梨・長野の1都3県にまたがる国立公園。関東(かんとう)山地の奥(おく)秩父山地中央部の山岳地帯を占める。面積12万6259ha。1950年(昭和25)指定。初め「秩父多摩国立公園」という名称だったが、2000年(平成12)に現称に変更された。標高2000m級の山岳と原生林・渓谷の景観に優れる。荒(あら)川・多摩(たま)川・笛吹(ふえふき)川・千曲(ちくま)川の源流域を含む。チチブミネバリなど石灰岩特有の植物が分布、昆虫のムカシトンボやツキノワグマなども生息し豊かな動植物相をもつ。鍾乳洞(しょうにゅうどう)も点在。首都圏に近く、登山・ハイキング・川遊びなどの適地が多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秩父多摩甲斐国立公園
ちちぶたまかいこくりつこうえん

東京都と埼玉・山梨・長野の1都3県にまたがる国立公園。1950年(昭和25)指定された。当初は秩父多摩国立公園であったが、2000年(平成12)現名称に変更された。山梨県分がもっとも広く、東京、埼玉の順で長野県分がもっとも狭い。総面積1262.59平方キロメートル。わが国の国立公園のなかでは珍しく火山を含まず、温泉も少ない山岳国立公園で、東京都の御岳(みたけ)山、埼玉県の三峰(みつみね)山、両神(りょうかみ)山、山梨県の金峰(きんぷ)山、国師(こくし)ヶ岳、瑞牆(みずがき)山、大菩薩(だいぼさつ)峠、長野県の十文字(じゅうもんじ)峠、3県にまたがる甲武信(こぶし)ヶ岳など、2000メートル級の山々を含む地域である。これらの山岳地帯はまた、深い渓谷を刻んで、優れた景観をつくっており、地質は堆積(たいせき)岩が広く分布し、火成岩はわずかで、また、特色づけているものに森林景観がある。主要な観光地として、東京都の奥多摩湖、日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)、埼玉県の秩父湖、山梨県の昇仙峡(しょうせんきょう)などがある。これらは観光資源として重要であるばかりでなく、地質、地形、生物など学術研究上の貴重な実験場にもなっている。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父多摩甲斐国立公園の関連キーワード関東山地甲武信ヶ岳上信越甲武信岳南関東コモディイイダ首都圏整備計画長野[県]首都圏の待機児童

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父多摩甲斐国立公園の関連情報