コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

称量貨幣 ショウリョウカヘイ

デジタル大辞泉の解説

しょうりょう‐かへい〔シヨウリヤウクワヘイ〕【称量貨幣】

目方をはかり、その重量によって交換価値を計算して使用する貨幣。江戸時代の丁銀(ちょうぎん)・豆板銀(まめいたぎん)、中国で清代に用いられた馬蹄銀(ばていぎん)の類。秤量(ひょうりょう)貨幣。→計数貨幣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

称量貨幣の関連キーワード秤量貨幣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android