コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計数貨幣 ケイスウカヘイ

デジタル大辞泉の解説

けいすう‐かへい〔‐クワヘイ〕【計数貨幣】

一定の純分と分量とを有し、一定の形状に鋳造した表面に一定の価格が表示された貨幣。数を計算するだけで、すぐに全価格を知りうるもの。→称量貨幣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいすうかへい【計数貨幣】

一定の形状をもち、一定の品位と重量を刻印によって保証された貨幣。個数を数えるだけで授受される。個数貨幣。 ↔ 秤量しようりよう貨幣

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の計数貨幣の言及

【金】より

…諸領域に流通した金銀(〈領国貨幣〉の項参照)は17世紀末までに幕府の金銀貨に統一される。幕府の金貨は計数貨幣であったが,地金の良否により相場は変動した。95年(元禄8)最初の貨幣改鋳があり,金銀の出目による収益を図ったといわれるが,金銀産出の激減がその背景にあった。…

【銀】より

…95年(元禄8)以後銀貨の改鋳もしばしば行われたが,みな秤量貨幣である。1765年(明和2)に五匁銀を造り,12枚をもって金1両にあて用いさせたが,これは銀貨の計数貨幣の初めであり,そののち一分銀,二朱銀,一朱銀など数種が発行された。 明治政府は生野銀山などを官行とし,また採鉱・製錬法にも西洋の新技術を導入したが,産銀高では明治期は近世初期の盛時にはとうてい及ばなかった。…

※「計数貨幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

計数貨幣の関連キーワード秤量貨幣個数貨幣豆板銀丁銀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

計数貨幣の関連情報