コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税外負担 ぜいがいふたんnon-tax payments

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税外負担
ぜいがいふたん
non-tax payments

個人または法人に対し政府により課せられる租税に類似した負担金。狭義には中央銀行の納付金,罰金など政府により強制的に課せられるものをいい,広義には公立学校授業料,免許および手数料,公立病院診療料など政府サービスを受けた個人や法人に課せられるものを含む。国民所得統計では,前者を「税外負担」,後者のうち税外負担以外の部分を「個人または法人から政府へのその他の移転」という。いずれも政府の収入獲得が直接の目的でないという点で租税と異なり,個人や法人から政府への所得の移転であるという点では租税的な性質をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

税外負担の関連キーワード政府経常余剰法人留保

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android