国民所得統計(読み)こくみんしょとくとうけい(英語表記)national income statistics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民所得統計
こくみんしょとくとうけい
national income statistics

GNP統計。 1953年に国連が提示した国際基準 (旧 SNA) に基づいて推計されてきた国民所得と関連項目に関する統計。日本は 78年に新 SNAに移行したため国民所得統計は旧 NI (National Income) と称されている。旧 NIは,企業の利潤,雇用者所得,家計諸費支出などといった人的側面から国の経済活動をとらえるもので,国民概念を採用していた。これに対し現行新 SNAは,物の流れ (生産,流通,消費など) を中心に物的側面から推計するものであり,基本的考え方は国内概念へと変わってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民所得統計
こくみんしょとくとうけい
national income statistics

国民経済がその生産活動によって一定期間に生み出した純粋の(二重計算を取り除いた)価値額を、経済活動の循環過程に即して生産、分配、支出の三面からとらえ、それらの等価関係としてまとめた統計の体系をいう。この統計は一国の経済活動の水準をマクロの(巨視的)視点で具体的に把握するうえで重要なものであり、18世紀ごろより各国でその推計作業が行われてきた。わが国では、第二次世界大戦後の1946年(昭和21)に、連合国最高司令部(GHQ)の作成勧告を受けてから本格的な国民所得統計の整備作業が行われるようになり、53年発表の「昭和26年度国民所得報告」以来、毎年作成(閣議報告)されるようになった(それ以前の年次および戦前のある期間についても部分的な試算ないし推計は行われている)。それらはおおむね53年に発表された国際連合国民経済計算の基準(一般に旧SNAとよばれるもの)に沿って作成されてきた。この基準は、国民経済活動の全循環過程を網羅したものではなく、そのうちの財貨・サービスの「もの」についてその一定期間における流れ(フロー)の量を生産、分配、支出の三面について計測すること、すなわち国民所得勘定の計測に限定していたため、これまでの国民経済に関する計算体系は「国民所得統計」とよばれてきたのである。1968年に国際連合は、旧SNAを改訂し、一国の経済活動の全循環過程を「もの」と「かね」およびフローとストックのあらゆる側面から総合的に、かつ整合的に把握できるようにする新しい国民経済計算の基準(新SNA)を発表し、それ以後、各国はこの基準に沿った統計体系へ移行することになった。わが国では1978年8月以降、この新体系へ移行し、それにより、以後の国民所得統計は、産業連関表、資金循環表、国民貸借対照表、国際収支表の4勘定とともに整合的な国民経済計算体系のなかに、その中心的な勘定として組み込まれることになった。[高島 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国民所得統計の言及

【国民経済計算】より

…このため,概念や範囲を整理統合して一つの勘定体系にまとめた〈国民経済計算〉が,国連の改訂を受けて前述のように,1978年から毎年作成されるようになった。 国民経済計算のなかで中心的地位を占めるのが国民所得勘定で,一般には国民所得統計とかGNP統計と呼ばれる。これは数多くの経済統計のなかで最も代表的な総合指標で,経済成長,経済規模,生活水準などを測定する尺度として利用される。…

※「国民所得統計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android