コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚児草紙 ちごぞうし

1件 の用語解説(稚児草紙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちごぞうし【稚児草紙】

中世僧院で流行した僧侶と稚児との男色に取材した鎌倉時代の絵巻で,醍醐寺三宝院に所蔵される。1巻で詞5段,絵5段から成り,各画面はいずれも僧と稚児の秘戯の図で,画中に2人の対話を書き入れている。斎宮と滝口の武士,平致光(むねみつ)の秘戯を描いた《小柴垣草紙》(鎌倉時代)などとともに,絵巻の中で異色のジャンルをなす。奥書に元亨元年(1321)書写とあり,繊細な描写やおだやかな彩色などこの時代の絵巻の特色を示し,それがあらわな性描写を和らげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の稚児草紙の言及

【春画】より

…あからさまな秘戯の図ではなく,入浴の場面など女性の裸体を見せる好色的な絵は,別に〈あぶな絵〉と称して区別している。《古今著聞集》にも〈ふるき上手どもの書きて候おそくづの絵〉と記すように,落書のようなものではなしに専門の画家による春画の歴史はかなり古く,中世に入れば《小柴垣草紙(こしばがきぞうし)》(13世紀),《稚児草紙》(14世紀,鎌倉末期)など絵巻物の傑作を生んでいる。合戦に出陣する武士の魔除けとして,嫁入りの女性の性教育用として,あるいは純然たる楽しみのために,各時代,各派の画家の手がけるところであったが,江戸時代に入ると浮世絵師がもっとも熱心にこれの作画に当たった。…

※「稚児草紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稚児草紙の関連キーワード聖史劇稚児稚児舞えっさっさ節男色稚児雛稚児髷稚児物語稚児若衆流行遅れ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone