種はひ(読み)クサワイ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐わい〔‐はひ〕【種はひ】

《「わい」は接尾語「わう」の連用形から》
物事をひき起こす原因。たね。
「思ひ沈むべき―なきとき」〈・梅枝〉
種類。品々。
「物の―はならびたれば」〈落窪・一〉
興味をひくたねとなるもの。趣。
「唐土(もろこし)の物なれど、人わろきに、何の―もなく」〈末摘花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android