コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種村箕山 たねむら きざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

種村箕山 たねむら-きざん

1720-1800 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)5年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。沢村琴所に徂徠(そらい)学をまなぶ。藩の計吏(会計方)をつとめ,のち能登川に白雪堂をひらいた。寛政12年6月16日死去。81歳。享年に79歳説もある。名は済。字(あざな)は元民。通称は新治。著作に「国語集解補正」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

種村箕山の関連キーワード佐々木仁里石山公文平尾芹水享保儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android