コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種村箕山 たねむら きざん

1件 の用語解説(種村箕山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

種村箕山 たねむら-きざん

1720-1800 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)5年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。沢村琴所に徂徠(そらい)学をまなぶ。藩の計吏(会計方)をつとめ,のち能登川に白雪堂をひらいた。寛政12年6月16日死去。81歳。享年に79歳説もある。名は済。字(あざな)は元民。通称は新治。著作に「国語集解補正」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

種村箕山の関連キーワード羅城祇尹栗田久巴佐保穀我三鍼樗雲鳥飼野人丹羽雲気山田鼎石山彦二朝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone