コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣喜多造 いながき きたぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣喜多造 いながき-きたぞう

1848-? 明治時代の官吏。
嘉永(かえい)元年生まれ。横浜仏語伝習所にまなび,明治2年横須賀製鉄所(のち横須賀造船所)にはいる。4年簿記の研修と物品の調達のためフランスに留学。7年帰国し同所の造船大師となり会計事務を担当。9年日本人としてはじめての近代会計学書「造船事務要略」をあらわした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲垣喜多造の関連キーワード明治時代中島才吉嘉永官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android