稲庭沢目(読み)いなにわさわめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲庭沢目
いなにわさわめ

秋田県南東部,雄物川の支流皆瀬川流域一帯の総称。江戸時代には仙台領への最短路にあり,伊達の養蚕,タバコが導入された。湯沢市横手市にまたがる。南部地域は栗駒国定公園に属し,小安峡温泉を中心に観光開発が進められている。 1974年小安と須川温泉 (岩手県一関市) 間に有料道路が完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android