湯沢市(読み)ゆざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「湯沢市」の解説

湯沢〔市〕
ゆざわ

秋田県南東部にある市。北部を横手盆地が,東部を奥羽山脈断層崖が占め,雄物川および支流皆瀬川,役内川流域に広がる。南は宮城県と山形県に接する。 1954年湯沢町,岩崎町の2町と山田村,三関村,弁天村,幡野村の4村が合体して市制。 1955年須川村を編入。 2005年稲川町,雄勝町,皆瀬村と合体。鎌倉時代に小野寺重道が湯沢城を築き,のち佐竹南家の城下町として発展。西部を雄物川が北流し,盆地産の米と良質の水を利用して酒がつくられ,「東北の」と呼ばれる。山林に恵まれ,林業が発達。製材,家具製造も盛んで,特に輸出向けの曲木細工の椅子は特産。ほかに稲庭うどん川連漆器などの特産がある。南東部には秋ノ宮温泉郷など多くの温泉地があり,栗駒国定公園に属する。中央で JR奥羽本線と国道 13号線,398号線が交差する。面積 790.91km2。人口 4万6613(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android