稲村ヶ崎〈新田義貞徒渉伝説地〉(読み)いなむらがさき〈にったよしさだとしょうでんせつち〉

国指定史跡ガイドの解説

いなむらがさき〈にったよしさだとしょうでんせつち〉【稲村ヶ崎〈新田義貞徒渉伝説地〉】


神奈川県鎌倉市稲村ガ崎にある稲村ヶ崎は、鎌倉の由比ヶ浜西南、七里ヶ浜の東に両海岸を分けるように相模湾に突き出た岬。1333年(元弘3)、新田義貞の鎌倉幕府攻めの際、波打ち際に切り立ったのため通行困難だったが、潮が引くのを念じて剣を投じると、干潟となり進軍できたという伝説が残ることなどから、1934年(昭和9)に国の史跡に指定された。6万余騎の軍勢はこの干潟を真一文字に駆け通って、鎌倉の中に攻め入ったといわれている。現在は海浜公園になっており、新田義貞徒渉伝説地が建っている。江ノ島電鉄稲村ヶ崎駅から徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android