コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由比ヶ浜 ゆいがはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由比ヶ浜
ゆいがはま

神奈川県南東部,鎌倉市南部の地区。相模湾の小入江の湾奥滑川右岸にあり,中心市街地の南西部にあたる。海岸弓状砂浜をなし,鎌倉時代には小笠懸流鏑馬などの武技が行われた。夏季は海水浴場としてにぎわう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいがはま【由比ヶ浜】

神奈川県南東部,相模湾に臨む鎌倉市の海岸。古くは東の逗子市小坪との境の飯島崎から,西の稲村ヶ崎に至る間を総称していた。現在は鎌倉市街地の中央を流れる滑(なめり)川の河口を境に東側を材木座といい,西側の東西約1kmの砂浜海岸を由比ヶ浜という。砂丘地帯は砂防工事により住宅地や別荘地になっている。鶴岡八幡宮からここまで若宮大路一直線に通じている。鎌倉時代には小笠懸(おがさがけ)や流鏑馬(やぶさめ)などの行われた武芸場であったが,しばしば戦場にもなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆいがはま【由比ヶ浜】

神奈川県鎌倉市、相模湾に臨む海岸。滑川河口と稲村ヶ崎の間の海岸をさし、河口東部の材木座海岸とともに海水浴場として知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由比ヶ浜
ゆいがはま

神奈川県鎌倉市の相模(さがみ)湾に面する海岸。稲村ヶ崎から東へ、逗子(ずし)市との境の飯島ヶ崎(いいじまがさき)までの砂浜海岸の総称。現在は滑(なめり)川の河口から西をいう。明治中期の横須賀(よこすか)線の開通に伴い海水浴場として開け、いまは設備が整い多くの海水浴客が集まる。この東に続く滑川河口以東は材木座(ざいもくざ)海岸とよばれ、和賀江嶋(わかえじま)は鎌倉幕府の執権北条泰時(やすとき)のとき(1232)つくられた現存する最古の築港遺跡で、国指定史跡。修理は、多くの出入船舶から関銭(せきせん)(津料(つりょう))をとってまかなっていた。現在海岸沿いに湘南(しょうなん)道路が通じる。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の由比ヶ浜の言及

【鎌倉[市]】より

…しかし三方を山で囲まれ,相模湾に面した自然環境や,鎌倉七口といわれる鎌倉に入る切通し,道路網などに昔をしのぶことができる。鎌倉の市街地の中心をなすのは鶴岡八幡宮で,八幡宮前から由比ヶ浜海岸に向かって一直線に若宮大路が通じる。八幡宮境内には1928年開館の市立国宝館と51年日本最初の近代美術館として開館した県立近代美術館などがある。…

※「由比ヶ浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

由比ヶ浜の関連キーワード稲村ヶ崎〈新田義貞徒渉伝説地〉鶴岡八幡宮例大祭神奈川県鎌倉市鶴岡八幡宮境内鎌倉花火大会矢田部良吉鎌倉(市)和賀江島浜出草紙和賀江嶋和田義盛陳和卿静御前段葛盛久

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由比ヶ浜の関連情報