稲田邦稙(読み)いなだ くにたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲田邦稙 いなだ-くにたね

1855-1931 幕末-明治時代の武士,華族。
安政2年11月18日生まれ。稲田稙(植)乗(たねのり)の子。義兄稙誠(たねのぶ)(父の従弟)の跡をつぎ,慶応元年阿波(あわ)徳島藩家老・淡路(あわじ)洲本(すもと)城代。戊辰(ぼしん)戦争に本藩と別行動をとって功をたてる。明治3年淡路の分離独立をめぐって本藩家臣に襲撃された(庚午(こうご)事変,稲田騒動)。事件後,家臣とともに北海道静内(しずない)郡への移住を命じられ,開拓に従事。28年帰郷。男爵。昭和6年5月26日死去。77歳。通称は九郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲田邦稙の言及

【淡路国】より

…旧国名。淡州。現在の兵庫県南部の淡路島。
【古代】
 南海道に属する下国(《延喜式》)。《古事記》は淡道,《日本書紀》は淡路と書く。阿波(粟)国へ行く道の意味であろう。瀬戸内海交通上の要地でもある。記紀の国生み神話では,ほとんどの所伝が第一に淡路島が生まれたとする。また反正天皇が淡路で生まれたこと,淡路出身の和知都美(わちつみ)命の女が孝霊天皇の妃となったこと,仲哀天皇のとき淡路屯倉(みやけ)を定めたこと,履中,允恭両天皇が淡路で狩りをしたことなどが見える。…

【阿波国】より

…旧国名。現在の徳島県。
【古代】
 南海道に属する上国(《延喜式》)。律令制以前の阿波は忌部(いんべ)氏が活動した北方の粟国(あわのくに)と三輪系の海人(あま)の活動した南方の長国(ながのくに)に二大別されていたとされる。なお,吉野川上流の西部に別の1国を考える阿波3国説もある。令制下,2国(あるいは3国)は合一し,名方(のちに名東,名西),板野,阿波,麻殖(おえ),美馬(みま)(のち三好が分出),勝浦,那賀(のち海部が分出)の7郡がおかれる。…

※「稲田邦稙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android