洲本(読み)スモト

デジタル大辞泉の解説

すもと【洲本】

兵庫県、淡路島中部の市。同島の中心地。肉牛飼育が盛ん。近世、徳島藩の家老稲田氏の陣屋町。平成18年(2006)2月、五色町と合併。人口4.7万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すもと【洲本】

兵庫県淡路島南東部、大阪湾に面する市。近世、徳島藩筆頭家老稲田氏の城下町。淡路島の中心地となり、水産物加工業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すもと【洲本】

兵庫県、淡路島南東部の地名。洲本平野の東端に位置する淡路島の中心都市。大阪湾に面する要港。江戸時代は蜂須賀家の家老稲田氏の城下町。酪農業・水産業のほかに綿紡績などの工業も盛ん。昭和一五年(一九四〇)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洲本の関連情報