コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉正巳 いなば まさみ

2件 の用語解説(稲葉正巳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉正巳 いなば-まさみ

1815-1879 江戸時代後期の大名。
文化12年10月15日生まれ。稲葉正盛の長男。文政3年安房(あわ)(千葉県)館山(たてやま)藩主稲葉家4代となる。文久元年講武所奉行,2年若年寄。元治(げんじ)元年職を辞して家督を養子正善(まさよし)にゆずる。慶応元年若年寄に再任,2年陸軍奉行から老中格となり,海軍総裁をかねた。外国通で幕府陸海軍の増強につとめた。明治12年9月16日死去。65歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

稲葉正巳

没年:明治12.9(1879)
生年:文化12.10.15(1815.11.15)
幕末の安房館山藩(千葉県)藩主,幕府閣僚。父は稲葉正盛。弘化2(1845)年大番頭に登用され,次いで講武所奉行,文久2(1862)年若年寄に挙げられ軍政改革を進めた。元治1(1864)年9月辞職し,家督を養嗣子正善に譲った。慶応1(1865)年11月若年寄に再任,翌2年12月老中格となり幕府陸海軍の拡充を図る。明治1(1868)年の鳥羽・伏見の戦の後の2月辞職した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲葉正巳の関連キーワード青山幸孝稲葉正備織田長恭加藤泰理酒井忠全関長道鳥居忠挙牧野貞一松浦良毛利高泰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone