コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉正往 いなば まさゆき

1件 の用語解説(稲葉正往の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉正往 いなば-まさゆき

1640-1716 江戸時代前期-中期の大名。
寛永17年11月10日生まれ。稲葉正則(まさのり)の長男。天和(てんな)元年京都所司代。3年相模(さがみ)(神奈川県)小田原藩主稲葉家3代となり,弟正倚(まさより)・正員(まさかず)らに8000石と新田を分与。貞享(じょうきょう)2年越後(えちご)(新潟県)高田藩主に転じ,元禄(げんろく)14年老中に就任,同年下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩主稲葉家初代となる。10万2000石。正通(まさみち)から正往に改名。享保(きょうほう)元年10月9日死去。77歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の稲葉正往の言及

【佐倉藩】より

…これは53年(承応2)のことらしい。60年(万治3)正信改易後,61年(寛文1)松平乗久(6万石),78年(延宝6)老中大久保忠朝,86年(貞享3)戸田忠昌(6万1000石),1701年(元禄14)老中稲葉正往(10万2000石),23年(享保8)老中松平乗邑(のりさと)(6万石),46年(延享3)老中堀田正亮(10万石,のち1万石加増)が入封するなど,佐倉は南関東の要地として歴代藩主の中には老中となった者が多い。 堀田正亮はさきに改易された正信の弟正俊の孫で,以後堀田氏はここに定着した。…

※「稲葉正往」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

稲葉正往の関連キーワードキリシタンブラガンサ朝享保徳川吉宗享保の改革ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家駒ヶ岳(北海道)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone