コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉正則 いなば まさのり

3件 の用語解説(稲葉正則の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

稲葉正則

江戸前期の大名。小田原藩第二代藩主。正勝の次男、祖母は春日局。幼名は鶴千代。通称は美濃守。父正勝の歿後遺領を継承し、のち老中職に就任する。寛永10年の大地震後の藩内復興、城下町の整備などを行ない藩の基を築いた。片桐石州に茶を学ぶ。また黄檗隠元と交流し黄檗宗を外護した。元禄9年(1696)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉正則 いなば-まさのり

1623-1696 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)9年6月2日生まれ。稲葉正勝の子。4歳で母と死別,祖母の春日局(かすがのつぼね)にそだてられる。寛永11年相模(さがみ)(神奈川県)小田原藩主稲葉家2代となる。万治(まんじ)元年から22年間老中をつとめ,2度の加増をうけて11万石を領した。領内の総検地を実施。紹太(しょうたい)寺をひらき,黄檗(おうばく)宗の鉄牛道機を開山にむかえた。元禄(げんろく)9年9月6日死去。74歳。号は泰憲,泰翁,潮信軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

稲葉正則

没年:元禄9.9.6(1696.10.1)
生年:元和9(1623)
江戸前期の相模国小田原藩(小田原市)藩主。江戸生まれ。通称は幼名鶴千代,侍従に任ぜられる。父は正勝。4歳のとき母が死去,以後祖母春日局の許で養育された。寛永11(1634)年父が死去,遺領8万5000石を継ぐ。万治1(1658)年老中となる。寛文3(1663)年1万石の加増。延宝8(1680)年老中を辞職したが,その功により1万5000石を加増され,計11万石を領した。天和3(1683)年隠居。寛永10年の大地震により荒廃した城下および小田原城の復興,藩政の整備,確立に努め,小田原藩の基礎を築く。しかし,一方で財源確保のために検地を行い年貢増徴を計ったが,下田隼人の越訴事件を招いた。

(小柴良介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の稲葉正則の言及

【小田原藩】より

…相模国(神奈川県)足柄下郡小田原に藩庁を置いた譜代中藩。1590年(天正18)大久保忠世が小田原4万石を領したのに始まり,忠世,忠隣(ただちか)の2代に検地の実施,酒匂(さかわ)川大口堤の修築,酒匂堰の開削等に意を注いだが,1614年(慶長19)忠隣改易によって城は番城,領地は幕府代官が預かった。その後阿部正次が一時在城した後,32年(寛永9)老中稲葉正勝が下野国真岡より移封(8万5000石),その子正則が老中のかたわら藩領経営に全力をあげ,小田原藩政の基礎を築いた(10万3000石,後11万3000石)。…

※「稲葉正則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稲葉正則の関連キーワード小田原市小田原城小田原小田原評定小田原葺き清平小田原提灯小田原空襲稲葉正員大久保忠増

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone