土井利実(読み)どい としざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井利実 どい-としざね

1690-1736 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)3年生まれ。土井利益(とします)の長男。正徳(しょうとく)3年肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主土井家2代となる。学問をこのみ佐藤直方の弟子の稲葉迂斎(うさい)を藩儒としてむかえ,享保(きょうほう)8年には藩校盈科(えいか)堂を創設した。元文元年11月26日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android