コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井利実 どい としざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井利実 どい-としざね

1690-1736 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)3年生まれ。土井利益(とします)の長男。正徳(しょうとく)3年肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主土井家2代となる。学問をこのみ佐藤直方の弟子の稲葉迂斎(うさい)を藩儒としてむかえ,享保(きょうほう)8年には藩校盈科(えいか)堂を創設した。元文元年11月26日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土井利実の関連キーワード土井利延

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android