コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉高道(初代) いなば こうどう

1件 の用語解説(稲葉高道(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉高道(初代) いなば-こうどう

1778-1839 江戸時代後期の陶工。
安永7年生まれ。代々農業をいとなむかたわら尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)で陶器をつくる。2代伊奈長三(ちょうざ)らとともに,轆轤(ろくろ)を使いはじめたという。名古屋藩小納戸陶器御用をつとめ,文政年間に村方庄屋となり,新田をひらいた。天保(てんぽう)10年死去。62歳。通称は庄右衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉高道(初代)の関連キーワードタンジマート市川春琳パリのパンテオン市川団十郎ソル新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone