稽古筆七いろは(読み)けいこふでななついろは

  • けいこ ふでしちいろは

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎世話物一幕。河竹黙阿彌作。慶応三年(一八六七)江戸市村座初演。赤穂義士銘銘伝(めいめいでん)で、旧来の作に、足軽寺岡平右衛門が、鳩の親子の恩愛に感動して父に仇討を告げ、父の切腹にはげまされて出立する筋が追加された。通称、鳩の平右衛門。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android