コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積咋 ほづみの くい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積咋 ほづみの-くい

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大化(たいか)元年(645)東国国司となる。5年,謀反嫌疑がかかった右大臣蘇我(そがの)倉山田石川麻呂の逃亡先の山田寺軍兵をひきいて包囲。すでに妻子らとともに自殺していた石川麻呂の首をきりおとさせた。名は噛とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

穂積咋の関連キーワードあすか飛鳥大化官吏

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android