コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴沢流(読み)あなざわりゅう

大辞林 第三版の解説

あなざわりゅう【穴沢流】

薙刀なぎなた・長太刀ながだち・棒術の一派。祖は穴沢主殿助盛秀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穴沢流
あなざわりゅう

長刀(薙刀(なぎなた)の流派。新当(しんとう)流長太刀(ながたち)ともいう。流祖は穴沢主殿助(とのものすけ)盛秀(もりひで)。盛秀は越後(えちご)(新潟県)の人といわれ、名は秀俊、信之、のち浄見、雲斎と号した。香取新当(神道)流四伝飯篠山城守(いいざさやましろのかみ)盛綱の門人で、長刀の術に優れた。宝蔵院胤栄(いんえい)、柳生(やぎゅう)松右衛門家信らと交わり、門人では金春七郎、阿多棒庵(柳生利厳の師)、平野数馬(水戸藩)、青木尾張守信辰(のぶとき)(尾張藩。応心流の祖)、樫原(かしはら)五郎右衛門俊重(紀州藩。樫原流鍵槍(かぎやり)の祖)が有名である。盛秀は晩年、豊臣秀頼(とよとみひでより)に仕え、大坂冬・夏の両役で奮戦したが、上杉景勝(かげかつ)の部将直江山城守の兵と渡り合い、力尽きて討ち死にしたという。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android