コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あなかしこ アナカシコ

デジタル大辞泉の解説

あな‐かしこ

[連語]《感動詞「あな」+形容詞「かしこし」の語幹》
恐れ多く存じます、の意で、手紙文の終わりに用いて相手に敬意を表す語。多く女性が用いる。
ああ、恐れ多い。
「―とて箱に入れ給ひて」〈竹取
呼びかけの語。恐れ入りますが。
「―、このわたりに若紫やさぶらふ」〈紫式部日記
(あとに禁止の語を伴って副詞的に用いて)決して。ゆめゆめ。
「―、道にて斬られたりとは申すべからず」〈平家・一二〉
[補説]「穴賢」と当てて書くこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あなかしこ【穴賢】

( 連語 )
〔「あな」は感動詞、「かしこ」は形容詞「かしこし」の語幹〕
恐れ多いことですがの意で、書状の終わりにおく挨拶あいさつの語。女性が用いる。古くは男女ともに用いた。
ああ、もったいない。ああ、恐れ多い。 「 -とて、箱に入れ給ひて/竹取」
丁寧な呼びかけの語。恐れ入りますが。 「 -、このわたりにわかむらさきやさぶらふ/紫式部日記」
(下に禁止の語を伴い、副詞的に用いて)決して。くれぐれも。ゆめゆめ。 「 -、愚かにすべからず/今昔 20」 〔「穴賢」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あなかしこの関連キーワード形容詞わたり手紙文感動詞世話字あな敬意若紫連語語幹

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android