コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空也豆腐 クウヤドウフ

デジタル大辞泉の解説

くうや‐どうふ【空×也豆腐】

空也派の僧が作り始めたという料理。豆腐に、だし汁でといた卵汁をかけて蒸し、葛餡(くずあん)をかけたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

くうやどうふ【空也豆腐】

豆腐を器に入れ、調味しただし汁と溶き卵をよく混ぜて注ぎ、器ごと蒸してやわらかく固め、くずあんをかけた料理。あんにはえびまたは鶏肉のそぼろや貝柱などを入れることもある。◇「空也蒸し」ともいう。空也念仏の僧が考案したからとも、四角い豆腐をお堂に見立て、お堂の周りを空也念仏を唱えながら踊り回る様子を模して作られたからともいわれる。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くうやどうふ【空也豆腐】

豆腐の上に出し汁でといた卵をかけ、蒸してから上に葛餡くずあんをかけた料理。エビ、白身の魚の切り身、ギンナンなどをそえて一緒に蒸すこともある。空也蒸し。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空也豆腐の関連キーワードギンナン出し汁葛餡

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android