コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空也念仏 くうやねんぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空也念仏
くうやねんぶつ

空也の始めた念仏と伝えられる。空也が弟子平定盛に教えたといわれる。ひょうたんや鉦 (かね) をたたきつつ,踊りながら称える念仏で,のちの一遍の念仏の源流ともみられる。比叡山の「山の念仏」に対し,広く一般民衆に受入れられ,『日本往生極楽記』の記述などによると広く行われたとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くうや‐ねんぶつ【空×也念仏】

平安中期に空也上人が始めたと伝えられる念仏。念仏の功徳により、極楽往生が決定した喜びを表してひょうたん・鉢・鉦(かね)などをたたきながら、節をつけて念仏や和讃(わさん)を唱えて踊り歩くもの。空也踊り踊り念仏。鉢たたき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうやねんぶつ【空也念仏】

空也が弟子の平定盛に教えたという念仏。鉦かねを鳴らし節おもしろく和讃・念仏を唱えつつ、瓢簞ひようたんまたは鉢をたたきながら、空也忌に踊る。空也踊り。踊り念仏。鉢叩き。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空也念仏の関連キーワード念仏踊り空也豆腐空也蒸し葛山五雀極楽院タタキ鉢叩き空也踊空也堂空也忌念仏踊空也派和讃鉢叩茶筅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android