空也念仏(読み)くうやねんぶつ

精選版 日本国語大辞典「空也念仏」の解説

くうや‐ねんぶつ【空也念仏】

〘名〙 空也上人光勝が始めた踊念仏。鹿の角の杖を持ち、彌陀の名号を唱え、瓢箪(ひょうたん)をたたき、(しょう)を鳴らし、歓喜の情を表わして踊り歩くもの。宗として独立したものではないが、天台宗に属し、京都空也堂を本山とする。空也宗、空也派ともいう。鉢叩(はちたたき)空也踊。空也堂踊念仏。《季・冬》
※風俗画報‐四三号(1892)人事門「空也念仏は踊躍(ゆやく)念仏といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「空也念仏」の解説

空也念仏
くうやねんぶつ

空也の始めた念仏と伝えられる。空也が弟子平定盛に教えたといわれる。ひょうたんや鉦 (かね) をたたきつつ,踊りながら称える念仏で,のちの一遍の念仏の源流ともみられる。比叡山の「山の念仏」に対し,広く一般民衆に受入れられ,『日本往生極楽記』の記述などによると広く行われたとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android