コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空五倍子色 うつぶしいろ

色名がわかる辞典の解説

うつぶしいろ【空五倍子色】

色名の一つ。わずかにがかった灰みの焦茶こげちゃ色。ウルシ科ヌルデの葉にヌルデノミミフシという虫が寄生してできたコブを「五倍子ふし」といい、中が空洞になっているため空五倍子という。そのコブで染めた色。みが濃い色から褐色寄りまで幅がある。着物や和装小物などに合う。平安時代の公家や武士、また江戸時代の既婚女性が行ったお歯黒の材料にも使われた。鉄を酒や茶などに浸して酸化させた液に、空五倍子の粉を混ぜて歯に塗った。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

空五倍子色の関連キーワード五倍子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android