空五倍子色(読み)うつぶしいろ

色名がわかる辞典の解説

うつぶしいろ【空五倍子色】

色名の一つ。わずかにがかった灰みの焦茶こげちゃ色。ウルシ科ヌルデの葉にヌルデノミミフシという虫が寄生してできたコブを「五倍子ふし」といい、中が空洞になっているため空五倍子という。そのコブで染めた色。みが濃い色から褐色寄りまで幅がある。着物や和装小物などに合う。平安時代の公家や武士、また江戸時代の既婚女性が行ったお歯黒の材料にも使われた。鉄を酒や茶などに浸して酸化させた液に、空五倍子の粉を混ぜて歯に塗った。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うつぶし‐いろ【空五倍子色】

〘名〙 白膠木(ぬるで)の枝に生ずる五倍子(ふし)で染めた薄黒い色。喪服に用いる。にびいろ。うつぶし。
※浄瑠璃・融大臣(1692頃)二「春の名残の、朧染うつぶし色の御所染は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android