コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空性法親王 くうしょうほっしんのう

美術人名辞典の解説

空性法親王

陽光院誠仁親王第二皇子、正親町天皇の養子。号は随庵・虔真等。大覚寺門跡。四天王寺別当を務め、二品に叙せられる。のち、還俗。和歌に秀でる。慶安3年(1650)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空性法親王 くうしょうほうしんのう

1573-1650 織豊-江戸時代前期,誠仁(さねひと)親王の第2王子。
天正(てんしょう)元年生まれ。16年京都の大覚寺で出家し,18年親王となる。慶長3年から四天王寺別当をつとめ,のちに還俗(げんぞく)。和歌にすぐれた。慶安3年8月25日死去。78歳。名は定輔(さだすけ)。法名は別に性舜,義性。号は瑞庵,虔真。著作に「桂光院追悼和歌並詩」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

空性法親王の関連キーワード定輔親王

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android