コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間赤化 くうかんせきか

百科事典マイペディアの解説

空間赤化【くうかんせきか】

星間赤化とも。星間物質による吸収や散乱によって,遠くの星の光がもともとの星の光よりも赤くなる現象波長の短い青い光が赤い光よりも強く減光されるために生じる。現象としては,朝日や夕日が赤くなるのと同じ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くうかんせきか【空間赤化 space reddening】

星間赤化interstellar reddeningともいう。遠くの星の光が星間物質による散乱や吸収を受けて,もともとの星の光より赤くなる現象。星の光の星間物質による減光(吸収と散乱)は可視光の波長域で波長λにほぼ反比例するので,波長の短い青い光は赤い光より強く減光され,遠くの星の光は赤く見える。星の色指数の観測値と,その星のスペクトル型に対応する色指数の差を色超過colour excessといい,空間赤化の大きさを示すのに用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

空間赤化の関連キーワードアルバート ホイットフォード

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android