空飛ぶ馬

デジタル大辞泉プラスの解説

空飛ぶ馬

北村薫のデビュー作となる連作中編集。1989年刊行。日常に潜む不可解な謎をテーマにしたミステリー。「円紫さんと私」シリーズ第1作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

そらとぶうま【空飛ぶ馬】

北村薫の連作短編集。平成元年(1989)に刊行された著者のデビュー作。落語家の春桜亭円紫と女子大生の「私」が、日常に潜む謎を解き明かしていく「円紫さんと私」シリーズの第1作。表題作のほか「砂糖合戦」「織部の霊」などの作品を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空飛ぶ馬の関連情報