コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空飛ぶ馬

デジタル大辞泉プラスの解説

空飛ぶ馬

北村薫のデビュー作となる連作中編集。1989年刊行。日常に潜む不可解な謎をテーマにしたミステリー。「円紫さんと私」シリーズ第1作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

そらとぶうま【空飛ぶ馬】

北村薫の連作短編集。平成元年(1989)に刊行された著者のデビュー作。落語家の春桜亭円紫と女子大生の「私」が、日常に潜む謎を解き明かしていく「円紫さんと私」シリーズの第1作。表題作のほか「砂糖合戦」「織部の霊」などの作品を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android