コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿通枝梗塞 せんつうしこうそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穿通枝梗塞
せんつうしこうそく

脳の深いところにできた小さな梗塞 (こうそく) のこと。ラクネはラテン語で「小さな穴」の意。高血圧による血管の変化が原因とされる。運動障害あるいは感覚障害といった単純な症状のみを示すことが多く,無症状のこともある。単発では意識障害や失語などの重大な機能障害を招くことはないが,再発・多発することが多く,そうなると痴呆化や日常生活能力の低下といった問題が出る。病巣は小さいため脳波検査や脳血管撮影では発見しにくい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android