コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突(き)刺さる ツキササル

デジタル大辞泉の解説

つき‐ささ・る【突(き)刺さる】

[動ラ五(四)]
ものの先が突き立つ。「ガラスの破片が―・る」
速度を保ったまま中へ入る。「豪速球が捕手のミットに―・る」「打球が右翼席へ―・る」「鋭く曲がったシュートがネットに―・る」
(比喩的に)刺し込まれたような強い衝撃を受ける。「彼の一言が胸に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

突(き)刺さるの関連キーワード頭蓋骨折豪速球

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android