突(き)刺さる(読み)ツキササル

デジタル大辞泉の解説

つき‐ささ・る【突(き)刺さる】

[動ラ五(四)]
ものの先が突き立つ。「ガラスの破片が―・る」
速度を保ったまま中へ入る。「豪速球が捕手のミットに―・る」「打球が右翼席へ―・る」「鋭く曲がったシュートがネットに―・る」
(比喩的に)刺し込まれたような強い衝撃を受ける。「彼の一言が胸に―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android