コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突拍子 トッピョウシ

デジタル大辞泉の解説

とっ‐ぴょうし〔‐ピヤウシ〕【突拍子】

調子はずれなこと。度はずれなこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とっぴょうし【突拍子】

( 名 ・形動 )
〔「とひょうし」の転〕
調子はずれなこと。意外なこと。度はずれなこと。また、そのさま。とっぴ。 「突然いきなり-な大声を張揚げて/新世帯 秋声」 〔太鼓などの拍子を変えて打つ奏法からという〕
[句項目]

とひょうし【突拍子】

( 名 ・形動ナリ )
〔「どひょうし」とも〕
とっぴょうし 」に同じ。 「ただ-に長き脇指(去来)/猿蓑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

突拍子の関連キーワードアルバート ブルックスかたつむり秋山竜次小熊恭子新世帯言出す猿蓑

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

突拍子の関連情報