コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加拍子 くわえびょうし

1件 の用語解説(加拍子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加拍子
くわえびょうし

日本音楽の用語。雅楽のなかの舞楽と管弦における打楽器の奏法の一種。すなわち楽曲の後半で,リズムを細かく刻むことによってテンポをあげるとともに,曲を軽快にする効果をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の加拍子の言及

【拍子】より

…これは,3種の打楽器(羯鼓(かつこ)または三ノ鼓と太鼓,鉦鼓(しようこ))が反復演奏するリズム型が何回奏されるかということであるが,そのリズム型は最終小節で太鼓の雄桴(おばち)(右手で革面の中央を強く打つ)が打たれるから,一曲中に打たれる太鼓の打音数と説明されることが多い。しかし,実際の演奏では,途中から加拍子(くわえびようし∥かひようし)の打ち方に変わり,太鼓の打音も拍子いくつと表示されている数より多くなってしまう。この加拍子というのは,基本のリズム型より打音を多くする打ち方で,各基本型ごとに,それぞれの加拍子の打ち方が決まっている。…

【拍子】より

…これは,3種の打楽器(羯鼓(かつこ)または三ノ鼓と太鼓,鉦鼓(しようこ))が反復演奏するリズム型が何回奏されるかということであるが,そのリズム型は最終小節で太鼓の雄桴(おばち)(右手で革面の中央を強く打つ)が打たれるから,一曲中に打たれる太鼓の打音数と説明されることが多い。しかし,実際の演奏では,途中から加拍子(くわえびようし∥かひようし)の打ち方に変わり,太鼓の打音も拍子いくつと表示されている数より多くなってしまう。この加拍子というのは,基本のリズム型より打音を多くする打ち方で,各基本型ごとに,それぞれの加拍子の打ち方が決まっている。…

※「加拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone