体源抄(読み)たいげんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体源抄
たいげんしょう

楽書豊原統秋 (むねあき) 著。 13巻 22冊。永正9 (1512) 年成立。応仁の乱後,雅楽の衰退を案じた著者が,楽人の立場から,家伝の雅楽の秘事や,自分の知っていることを整理して記したもの。著者が京都方笙 (しょう) の楽人であるため,特に笙の記事が詳細。その他,楽律,調子,楽器,舞,神楽,催馬楽今様,故事,逸話,舞楽の曲目など多方面に及ぶ。散逸した楽書を多く引用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいげんしょう〔タイゲンセウ〕【体源抄】

室町時代の雅楽書。13巻。豊原統秋(とよはらのむねあき)著。永正9年(1512)成立。雅楽の秘伝や楽器の伝来などについて和漢の書を広く引用し、記述したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

体源抄【たいげんしょう】

雅楽の文献。教訓抄,楽家禄(がっかろく)とともに三大楽書といわれる。1512年豊原統秋撰述。応仁の乱により楽人が四散するなど,雅楽が一つの危機を迎えていたとき,著者の見聞した事柄を後世に伝えようと書きしるしたもの。《続教訓鈔》や《古今著聞集》などからの引用が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体源抄
たいげんしょう

雅楽書。『楽家録(がっかろく)』『教訓抄』と並ぶ三大楽書の一つ。豊原統秋(とよはらのむねあき)(1450―1524)著。1512年(永正9)成立。全13巻。「體源」は豊原の姓をその旁(つくり)に入れたもので、「家の書」の意味。豊原家は平安初期から鳳笙(ほうしょう)を家芸とする京都の楽家で、江戸期から豊(ぶんの)の姓を名のり、いまに至る。統秋は応仁文明(おうにんぶんめい)の乱のなかで楽道に励んだが、伝統の廃絶する危機感からこの著を残したと思われる。たとえば、秘曲は盗聴されぬよう細心の注意を払うべきで、敦兼は秘曲を吉野の上の宮に奉納する際人々が寝静まってからした、というような逸話が盛り込まれる。思いのまま書き連ね、構成もまちまちだが、仏教、神道(しんとう)、書歌道や当時の世相にまで言及し、文学・歴史的にも貴重な書である。[橋本曜子]
『『覆刻版 日本古典全集 体源抄』(1978・現代思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android