突貫(読み)とっかん

精選版 日本国語大辞典「突貫」の解説

とっ‐かん ‥クヮン【突貫】

〘名〙
① つきつらぬくこと。激しい勢いでつきやぶり向こうへぬけること。
紀行(1887)〈幸田露伴〉「慾あれども銭なく、望みあれども縁遠し、よし突貫して此逆境を出でむと決したり」
② 一気に仕事を完成させること。「突貫工事」
(とき)の声をあげて激しく敵陣へ突き進むこと。また、その鬨の声。吶喊
※軍歌・露営の夢(1894)〈永井建子〉「突貫なせば忽ちに 難なく陥つる敵の塁」

つき‐つらぬ・く【突貫】

〘他カ四〙 刃物などで突いて刺し通す。
平家(13C前)八「我足つきつらぬく者もあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「突貫」の解説

とっ‐かん〔‐クワン〕【突貫】

[名](スル)
つきとおすこと。つらぬきとおすこと。
短期間で一気にしあげること。「昼夜兼行突貫工事」
ときの声をあげて、敵陣へ突き進むこと。吶喊とっかん。「敵陣めがけて突貫する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android