コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井建子 ながい けんし

2件 の用語解説(永井建子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井建子 ながい-けんし

1865-1940 明治-昭和時代前期の指揮者,作曲家。
慶応元年9月8日生まれ。陸軍軍楽隊にはいり,明治24年軍楽次長。日清戦争に従軍し,軍歌「雪の進軍」を作詞・作曲する。39年陸軍戸山学校軍楽隊長,のち帝劇洋楽部長。昭和15年3月13日死去。76歳。安芸(あき)(広島県)出身。作品に「凱旋(がいせん)」「元寇(げんこう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永井建子

没年:昭和15.3.13(1940)
生年:慶応1.9.8(1865.10.27)
明治期の陸軍軍楽隊の草創期を築いた指揮者,作曲家。広島生まれ。明治11(1878)年陸軍軍楽隊に入り,当時,日本の初期軍楽隊の指導教官だったシャルル・ルルーに師事。日清戦争には軍楽次長として従軍。同36年,フランス留学。同39年帰国後,軍楽隊長となり,戸山学校軍楽隊を率いて,同40年ロンドンの日英博覧会に出演。また同38年から始まった日比谷公園音楽堂での奏楽を指揮して,市民に親しまれた。「道は六百八十里」「元寇」「露営の夢」「雪の進軍」(あとの3曲は作詞・作曲)などの作品がある。退役後は帝国劇場管弦楽団指揮者も一時務めた。広島で没。

(秋山邦晴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の永井建子の言及

【軍楽隊】より

…1905年に開始された陸・海軍の日比谷公園演奏会の役割は大きい。陸軍軍楽隊長,永井建子(けんし)(1865‐1940)は《道は六百八十里》などの作曲家としても有名で,海軍では瀬戸口藤吉(1868‐1941)が《軍艦行進曲》など多くの行進曲を残して有名である。1945年終戦とともに両軍楽隊は解散し,現在は陸・海上自衛隊の音楽隊および警視庁音楽隊,東京消防庁音楽隊がある。…

※「永井建子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永井建子の関連キーワード指揮者スーザフェントンルルーレハール軍楽隊指揮杖瀬戸口藤吉中村祐庸山口常光

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone