(読み)か

精選版 日本国語大辞典「窠」の解説

クヮ【窠】

〘名〙 模様、または紋所の名。もと漢民族が使用した模様で、鳥の窠(す)が卵を包んでいる形のもの。一説に、をかたどったもの、または、輪切りにした形ともいう。(すだれ)帽額(もこう)に多く用いるので帽額のといい、木瓜の字をあてるので俗に瓜の紋ともいう。窠紋。
※延喜式(927)二四「凡諸国輸調。〈略〉一窠綾。二窠綾」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「窠」の解説

か〔クワ〕【×窠】

瓜を輪切りにした形に似た文様または紋所。一説に、蜂の巣の形ともいう。窠の紋。木瓜もっこう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android