コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪田猿雖 くぼた えんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

窪田猿雖 くぼた-えんすい

1640-1704 江戸時代前期の俳人。
寛永17年生まれ。伊賀(いが)(三重県)上野の富商。伊賀蕉門の最古参のひとりとして,松尾芭蕉(ばしょう)から信頼された。元禄(げんろく)2年に出家して俳諧(はいかい)に専念。蕉門の撰集「猿蓑(さるみの)」に2句,「続猿蓑」に7句はいっている。宝永元年11月10日死去。65歳。通称は惣七郎。屋号内神(うちのかみ)屋。別号に意専。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

窪田猿雖の関連キーワード内神屋九節広岡雪芝猿雖俳人

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android