コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竇太后 とうたいこうDou tai-hou; Tou t`ai-hou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竇太后
とうたいこう
Dou tai-hou; Tou t`ai-hou

[生]?
[没]永元9(97).閏8.14.
中国,後漢の章帝皇后。扶風 (陝西省) の人。竇融 (とうゆう) の曾孫。父は竇勲,母はし陽 (しよう) 公主。幼いときから聡明な美人で,建初2 (77) 年宮中に入り,章帝および馬太后 (明帝の皇后) に認められ皇后になった。子がなく,宋貴人,梁貴人にそれぞれ男子があった。彼女は2貴人を殺し,皇太子であった宋貴人の子を廃し,梁貴人の子を養子にした。これが和帝で,和帝即位後は皇太后となり専横をきわめた。

竇太后
とうたいごう

竇太后」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

竇太后の関連キーワード武帝蔡倫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android