コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公主 こうしゅGong-zhu; Kung-chu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公主
こうしゅ
Gong-zhu; Kung-chu

中国で天子の娘をいう。諸侯 (公) に結婚を主 (つかさど) らせたのでこの名が出たといわれる。公主はときに唐代の太平公主のように政治的権威をふるったり,文成公主のように政略のため外族に嫁した例も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐しゅ【公主】

天子の娘。皇女。中国で、古代、天子が息女を諸侯に嫁がせるとき、その婚礼を三公に取り仕切らせたところからいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅ【公主 gōng zhǔ】

中国で皇帝の女子をいう。日本の内親王に当たる。帝の姉妹を長公主,帝のおばを大長公主とよび,公主の夫は駙馬と称する。《春秋公羊伝》には〈天子が女(むすめ)を諸侯に嫁すとき,必ず諸侯の同姓者をしてこれを主(つかさ)どらせたので,故に公主という〉と説明している。唐制では公主づきの邑司の官が設けられ封戸も与えられ,太平・安楽両公主のごとく権勢をふるう者も出た。外族に嫁した者は和蕃公主とよばれる。【池田 温】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしゅ【公主】

天子の娘。皇女。中国で、秦漢以来、天子がその娘を諸侯に嫁がせる際、三公がその婚儀をつかさどったことによるという。 → 和蕃公主わばんこうしゆ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公主
こうしゅ

中国で、皇帝の女(むすめ)の尊号。秦(しん)・漢(かん)時代からの称号であり、皇女の婚礼を最高官の三公がつかさどったことによるといわれる。漢代では諸侯王(しょこうおう)の王女も公主とよび、皇帝の姉妹は長公主(ちょうこうしゅ)と号された。細君(さいくん)や王昭君(おうしょうくん)のように周辺諸民族の君主に嫁した公主を和蕃公主(わばんこうしゅ)という。唐代の制度では公主の範囲は限定されており、皇帝の姑(おば)を大長公主(だいちょうこうしゅ)、姉妹を長公主、女を公主と称し、皇太子の女は郡主、親王(しんのう)の女は県主とされた。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

公主の関連情報