コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち渡る タチワタル

デジタル大辞泉の解説

たち‐わた・る【立ち渡る】

[動ラ四]
霧・雲などが、あたり一帯に広がる。
「狭井河(さゐがは)よ雲―・り」〈・中・歌謡〉
車や人などが一面に立ち並ぶ。
「弦うち二十人…二なみに―・れり」〈紫式部日記
一方から他方に移動する。
「この夜らはさ夜ふけぬらし雁が音の聞こゆる空ゆ月―・る」〈・二二二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちわたる【立ち渡る】

( 動四 )
雲や霧が一面に立ちおおう。 「狭井河よ雲-・り/古事記
車などが立ちならぶ。 「隙もなう(物見車ガ)-・りたるに/源氏
立って移動する。 「雁が音の聞こゆる空ゆ月-・る/万葉集 2224

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立ち渡るの関連キーワード嘆く・歎く星の宿り雁が音なへに息嘯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android