立体裁断(読み)リッタイサイダン

百科事典マイペディアの解説

服を作る場合,製図をもとにして裁断するのでなく,人体またはボディ(人台)に直接布をあてデザインしながら裁断していくこと。裁断しおわった布をボディからはずして解くとそれが型布になる。これを商品化する生地の上において裁断する。ドレープやバイアス裁ちがしやすく,体になじんだ服が作り出される。
→関連項目パタンナー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 洋裁で、人体や人台に直接布地をあてて形をとり、裁断すること。平面上で製図した型紙を用いるのにくらべて、意図した輪郭により近いものができる。〔流行うらがえ史(1965)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の立体裁断の言及

【洋裁】より

…シルエットを重視するか,あるいは機能性を重視して運動量を考えたやり方にするかなどであろう。いずれも平面製図による型紙を用いているが,近年は立体裁断も行われている。立体裁断は第1次大戦後,パリのデザイナー,ビオネMadeleine Vionnet(1876‐1975)によっても考え出され,人台に布をあて,デザインしながらカットしていくやり方で,その結果ドレープやバイアス裁ちが容易になった。…

※「立体裁断」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立体裁断の関連情報