人台(読み)じんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人台
じんだい

生きた人間の代り衣服の型づけに用いる人体模型スタン (ボディスタンドの略語) ともいう。用途,性質上次の3種に大別される。 (1) オートクチュールなどの注文服用に,マヌカンや顧客など特定の個人の身体に合せてつくられるもの。 (2) 裁断,縫製をする際に,人体特有の,万人共通の曲面や立体が必要な場合に用いられる作業用人台。 (3) 不特定多数の消費者を対象とする既製服の生産の際に,型紙作り,補正,検品,展示などに一貫して使われる産業用人台。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じんだい【人台】

洋裁で、デザインや陳列に用いる人体の模型。ボディー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐だい【人台】

〘名〙 衣服の試着や陳列、また、デザイン製作、立体裁断などに用いる、人体の形をした模型。
※死者の遺したもの(1970)〈李恢成〉「しばらくして僕は張りぼての人台のようにかさばった父の胸から躯をはなした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人台の関連情報