コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立女方 たておやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立女方
たておやま

立女形とも書く。歌舞伎の立役座頭 (ざがしら) の相手役をつとめる,その座で最高の地位にある女方をいう。女方を「おやま」とも称したところからきた名称。古くは,座頭に次ぐ位置を占め,一座の女方を統率した。今日では,芝居の女主人公の役をつとめうる,第一流の女方をさして呼ぶことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の立女方の言及

【女方(女形)】より

…代々の瀬川菊之丞,4世から8世までの岩井半四郎は女方の名優で,瀬川家と岩井家は,江戸時代を通じて女方の二大名門であった。一座の中で最高位にある女方を〈立女方(たておやま)〉といったが,明治・大正期の5世中村歌右衛門に至るまでは,女方は座頭(ざがしら)にはなれなかった。女方の楽屋は劇場の2階にあり,名目上それを中二階と称したので,女方のことを〈中二階〉とも呼んだ。…

※「立女方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立女方の関連キーワード河原崎 国太郎(4代目)中村吉右衛門(旧・2代)河原崎 国太郎(5代目)出来島小ざらし(初代)尾上多賀之丞(2代)河原崎国太郎(5代)富沢左馬之助(初代)河原崎国太郎(5世)姉川千代三郎(初代)中村雀右衛門(3世)河原崎国太郎(2世)嵐三右衛門(10代)河原崎国太郎(4世)坂東三津五郎(6世)尾上多賀之丞(2世)沢村田之助(3世)中山よしを(2代)岩井半四郎(7代)沢村宗十郎(8世)小佐川常世(初代)