コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立川断層帯 たちかわだんそうたい

知恵蔵miniの解説

立川断層帯

東京都内唯一の活断層帯東京都青梅市から立川市を経て、府中市へ延びる立川断層と、埼玉県飯能市から青梅市へ延びる名栗断層から構成される。長さは約33キロメートル。2003年に政府の地震調査委員会が公表した長期評価によると、同断層帯は今後30年間に地震の起こる危険性がやや高いグループに分類され、地震が起きた場合、首都圏震度は6弱以上、死者は6300人に達すると想定されている。11年に発生した東日本大震災の影響で地震の起こる確率が高まった可能性があるとして、2012年から3年間に及ぶ大規模な国の観測調査が実施されている。

(2013-2-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

立川断層帯

埼玉県飯能市から東京都府中市まで走る長さ33キロの断層帯。活動すればマグニチュード7.4程度の地震が発生し、首都圏で大きな被害が出ると推定される。東京都は最悪のケースでは、2582人の死者、8万5千棟以上の建物被害を予測している。

(2013-02-22 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

立川断層帯の関連キーワード首都直下型地震

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android